1. HOME
  2. 事業案内
  3. ODM事業
  4. IoT時代のハードウェア

ODM事業

ODM

ODM事業

IoT時代のハードウェア

IoT(Internet of Things)時代は、あらゆるモノがセンサーと通信機能でインターネットを通じて繋がります。それによって、情報の共有、機能の補完を行います。私たちの仕事、生活において、随時サービスを受けられるようになります。

私たちは、長年IT・通信企業との協業により、通信デバイスに必須なハードウェア、ソフトウェア及びネットワーク技術を蓄積してきました。同時に、独自の開発、生産におけるサプライチェーンを構築しています。

IoT時代の通信デバイスは、これまでのパソコンやスマホだけで構成されていたインターネット社会と異なり、あらゆる場所であらゆるモノが通信することになります。そのため、製品の形も多様化し、従来の少品種、大量生産の体制では対応ができなくなります。私たちは、IoTデバイスに特化した小ロット、多品種の開発、製造体制により商品を提供いたします。

IoT時代のサービスは、従来のような通信端末からさまざまな端末を通じて提供するようになります。しかし、サービスの提供者はこれまで、ほとんどハードウェアとは関係のない企業も含まれます。したがって、IoT時代のクライアント様は、従来の通信機器メーカーだけではなく、サービス企業の多くが自らがハードウェアを調達しなければなりません。

私たちは、アイディア段階からコンサルティングサービスを提供いたします。ハードウェアの知識がなくても、商品企画、POC、設計、開発、生産の全プロセスを明確にすることによって、より事業を検討しやすくなります。また、納品後のサービス、運営も含めて、提案いたします。