ニュース News

マイクロソフトのWP端末、中国市場で挽回なるか

アップルとグーグルがすでにスマートホームと車載市場へと事業拡大をしている時、マイクロソフトはいまだにWindows Phone(以下、WP)の生態環境の開拓に注力している。

WPシステムが発表されてから、世界市場シェアはずっと1桁台にとどまり、中国市場の実績は欧米市場よりも低い。しかし、中国の端末市場が3G から4Gへの移行を迎える重要な時期に、WPは再び進撃を始めた。

海信(Hisense)は6月末、自社初機種となるWP携帯端末を7月に発表することを明かした。これはWP陣営に、また中国からの端末メーカーが新たに1社加わったことを意味する。今年5月には、中国メーカーの天語(K-Touch)も正式にWP陣営に入ると発表した。

多くの業界専門家が、「FDDテストライセンスが交付された後、中国の4G携帯端末市場は急激な成長を迎える」という見解を示している。WP陣営は、このタイミングでの努力によって、現在の厳しい局面を少しでも挽回することができるのであろうか。

記事の続きは『中国通信情報』をご購入ください。